おはようございます。
CIMG1525
今日のおやつは大好きな百楽(もなか)!


以前の記事にも少し書きましたが、日本の子供たちは、ほとんど学校で
『お金』について学ぶ機会がありませんね。

「ローンを組むと利息をどれくらい払わないといけないか」など
基本的なことは、義務教育で教えてくれたらいいのにな。

少し前のテレビ番組で、
「自分の家の住宅ローンっていくらあると思う?」と子供たちに質問していました。
すると、
「わからない。50万円くらい?」と答えていました(笑)。


義務教育で学べないなら、家族でもっとオープンに話をしたり、本を読むしかないのかな。

私が読んだ中で特によかった、子どもに読んでほしいお金の本を紹介させていただきます。


おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密

こちらは、著者の高井 浩章さんが自身の子供さんたちに読ませるために書いた本。

希望のクラブに入れず、『そろばん勘定クラブ』に入ってしまった男女2人の中学2年生。
顧問の江守先生から、「お金を手に入れる6つの方法は?」など毎回お金に関する
宿題が出されます。宿題を通して、『お金』について考える話です。

物語を読むような感じで読みやすく、知らず知らずのうちにお金の知識が付いていきます。
中学生以上の方におすすめです。



いま君に伝えたいお金の話


『村上ファンド』で有名だった村上 世彰さんが、中高生に向けて書かれた本。
「お金はさびしがりや」など独特の切り口でお金について書かれていて、引き込まれました。

「お金をただ貯めこむのではなく、正しくお金を使うことで経済も成長を続け、
しなやかで元気な社会を作ることができる」(本文より)

この言葉いいな。『正しく』使うことをさらに意識しようと思います。

余談ですが、小学生のときから株式投資をされていたとはびっくりです!
だからか説得力がありますね。

村上さんは、中高生向けに『子どもの投資教育・実体験プロジェクト』を立ち上げ、
支援されています。
興味のある方は、こちらのサイトを見て下さいね。
(息子も申し込みました。まだ連絡が来ていないけど。)


どちらも中高生がすんなりと読める本。
わたしの学生時代に出会いたかった!
お金 について、ざっくりと学びたい大人の方にもおすすめです。


↓こちらの新刊も気になります。




お読みいただき、ありがとうございました。
今日も皆さんにとって、いい日でありますように。


にほんブログ村テーマ 親子で行う「お金の教育と学習!」へ
親子で行う「お金の教育と学習!」

にほんブログ村テーマ 家庭でできるお金の教育と学習へ
家庭でできるお金の教育と学習

にほんブログ村テーマ 読書日記、読書記録、覚え書へ
読書日記、読書記録、覚え書

にほんブログ村テーマ 読書感想文へ
読書感想文

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
応援クリックありがとうございます!